京都御所 今の建物が再建されたのは1855年。
中立売御門の前にて 早朝の京都御所
梵燈
妙心寺東林院
(”祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、沙羅双樹の花の色”とうたわれた樹齢300年の沙羅双樹の古木がある寺。禅宗)、
妙心寺東林院
あかり瓦(梵燈)に小さなあかりが揺れています。
煩悩を消し去る寺の鐘が梵鐘というように、お寺の明かりの意味を込めた”梵燈”のもと、和やかなろうそくのあかりに包まれた空間の中に身を置き、心静かに自分を見つめて下さい。

大覚寺の大沢池で観月会

「観月の夕べ」は9世紀初め嵯峨天皇が大沢池に船を浮かべて文化人と共に遊ばれたことが始まりだと言われている。古式にのっとり大陸風の龍頭船、鷁首船を浮べ、お茶席が設けられ、琴を奏で、平安の王朝絵巻さながらに優雅なひとときが繰り広げられる



←満月法会。月を望む場所に祭壇を設け、お団子や、芋、豆などの野菜、お茶、お花を供え一山の僧侶が出仕して「月天」を招じ、農作物の豊作と人々の幸せを祈願します。


秋の京都へ紬の着物に、米沢紬の単衣の羽織りと女房自作の袖無し羽織りで行きました。
三十三間堂 清水七味屋の店先で
割烹平八にて京会席料理
嵐山にて 嵐山の竹林
源氏物語「賢木の巻」に嵯峨野の野宮を
光源氏がたづねるという一節がある。
その野宮がここである。
境内に残る「黒木の鳥居」は、物語の中の
遺風を今に伝えている。
野々宮神社と苔庭
嵯峨野トロッコ列車と保津川下り
トロッコ列車で嵐山から亀山へ トロッコ列車にて保津川下りを眺める

亀岡から嵐山まで2時間の保津川下り
東映太秦映画村
遠山奉行  ”この桜吹雪(実はTシャツ)が目に入らぬか” 映画村の廓にて
(桜吹雪を何度も見せていたら、裃のヒゴ(右)が折れてしまった。
柳生十兵衛と振り袖若衆との決闘 変装参加者一同と
西陣夢祭りにて
京都南禅寺にて
左の写真は京都金地院、南禅寺にて 茶色の紬の着物に、こげ茶色の髭紬の羽織に、紬の袴です。
秋は濃い色の羽織に薄い色の着物が似合うようです
左の女性は結城紬、中央は大島紬の着物

大島紬の羽織に、大島紬の合せの着物で。
 左は高台寺にて
 1606年秀吉の正室北の政所(ねね、出家して高台院)が秀吉の菩提を弔うため開創した

 右はモミジの永観堂にて
 平安時代初期に、弘法大師の弟子真紹僧都により開創。現在は浄土宗

第一礼装 準礼装 新春 新緑
初夏
盛夏
晩夏
ゆかた 初秋
奥の細道
国東半島
秋の木曽路
西陣夢祭り
第5回おとこの着物大全会